狸が龍
タヌノポから天龍双

更新とサイト関係の長話&コメント感謝

夕闇店舗開店中』x+1番目の事件簿完結しました。x+1番目と題している通りこのお話の前後を書けるように、というよりは自然とシリーズ化していた感じです。ストーリーの背景が結構複雑なので、わかりやすくなるように何度か書き直したのですが、相変わらずいろいろとややこしいです(笑)私が書きたいホラーはこう、今までそこにあることに気づかなかったけれど、それが表沙汰になると日常が崩壊し始め、じわじわ恐怖が迫り来るという感じのちょっとしたパニック系なのかもしれないと思いました。今後もっと怖いのを書きたいものです。次は他のお話を考えていますが、またいずれこのシリーズを書きたくなると思います。

サイトの動作チェックなどをしているうちに気づいたのですが、PC・スマホサイトのメールフォームが文字化けしてしまいます。調べたところ文字エンコーディングがUTF-8だと、フォームメーラー無料版は文字化けするとのことらしく……しかしhtml5はUTF-8推奨なんですよねぇ。メールフォームのページだけ文字コードを変えるか、メールフォーム自体を別のものにするか……。仮に自分でメールフォームを作るとなるとPHPかCGIを使うらしく、あれ、私の契約プランそういうの大丈夫だったっけと確認したらとりあえず使える……? という感じですが、知識の方が追いついていないので、いっそ当面は携帯サイトのメールフォームをご利用くださいとリンクだけしてお茶を濁そうとか考えています。私はテンプレート配布サイトの説明やブログ等で解説してくださっている方の記事を読んで多少把握しているだけなので、特別サイト作りに詳しいわけではないのですが、html5のシンプルでサイトの構造が明確になるところが好きです(しかし当サイトの記述の仕方が合っているか自信ないです)以前書籍も購入して読んでみましたが、どんどん情報が新しくなっているのでネットでいろいろと調べないとだめだなと思いました。ネットのいいところはそういう情報の反映が早いところと、自分で調べて比較できるところですよね。

自分で検証して考えないと真偽が定かでないこともありますが、ネットに限らず何事もそうなんですよね。日常生活においても誰かの言うことをそのまま鵜呑みにせずに自分で調べてみるとか、そういうのって大事です。この間ネットのニュースサイトで某ゲームのセキリュティーとプライバシーに関するシステムの不備を指摘する(というよりも不安を煽るような)記事を読んで、全くそのゲームに触れたことがないのでうわ、怖いなぁという印象を受けたのですが、コメント欄で実際プレイしてそのシステムを知っている方のコメントを読むと無闇に倦厭するものでもないなと一旦冷静になって見ることができました(とは言ってもプレイする気は最初からないです)全部が全部そうとは限りませんが、ネットにはある程度自浄作用がありますよね。匿名ゆえの発言の怖さもありますけれど、逆に匿名ゆえに遠慮しないで率直な意見を書き込んでいるのを見て、自分で考えて判断するのがいいのだと思います。匿名世界のネットは自分で真偽を見抜く必要があるとか嘘が多いという印象を受ける方もいると思うのですが、嘘の性質が現実とは違うんじゃないかなと私は思っています。ネットで嘘つく人は憂さ晴らし的な側面があって、現実逃避気味に自分を装飾する人もいるでしょうけど、むしろどこの誰かも相手にわからないということは自分を着飾る必要もないんじゃないかと。現実の方が逆に嘘が多い場合もあるかもしれません。人は露出が多くなればなるほど嘘が増えて、少なくなればなるほど正直になるとか、そういう話を考えてみたら面白いのではと想像しつつ、対面で向き合った方が腹を割って話せるとか、顔を合わせる方が嘘をつきにくい、又は嘘がバレやすいというのもあると思いますので、一概には言えないわけです。ちなみに私は嘘をつくのは合理的でないからつきたくない派です。結果的に嘘になっちゃうことはあるので、私は嘘をつきません(キリッ)とか言えないのがあれですが。

サイト制作楽しいからみんな個人サイト作りませんか? とかその手のことを書こうと思っていたのにどうしてこうなった……。懐古厨と言われたらそれまでなんですが、それぞれ工夫のある個人サイト見るの好きなんですよ。リンクページ見てやっぱりこの素材屋さんいいよね! わかる! と一人で頷いたり勝手に親近感を抱いたりしてる怪しい人がいたら私です。ブログ等でそのサイトの管理人さんがどういうことを考えていらっしゃるのか読むのも好きですし(閑古鳥が鳴いているという意味ではなく)他の人の気配を感じない静かな場所でひっそりサイトを楽しむのがお気に入りです。あ、どうして個人サイトに心惹かれるのかわかりました。探求です。こう、自分から探し求めて発掘する感じが好きなんです。例えば今ワイはヤンデレが読みたいんじゃあああと荒ぶってる時は小説投稿サイトとかSNSで検索したり、タグで辿って読み漁ったりするのがいいのですが、この作者様好きや!! となった時は作者マイページをチェックしてお気に入り追加するだけじゃ足りないというか、そこで感想を送る送らないとかではなく、サイトに押しかけて隅々までチェックしたいみたいな衝動が個人サイトでないと受け止められない側面があるのではないかと。一体どういうことなんや……。あと単純に広告の誤タップがきついというのも……。無料サービスは広告費で賄われてるのでそこに文句をつける気は全く無いのですが、ユーザビリティに支障をきたすちょっと限度を超えたものはどうかなぁと思いますね。無料でも広告がないホムペ作成サイトや、月百円程度の格安レンタルサーバーもあるので、それぞれの状況に合わせて選択するといいのでしょうか。

とにかくhtml5とCSSで作るサイトの面白さがあるので、再びこの界隈が盛り上がる日が来ればいいなと、今度参考になるありがたい作成支援サイトの紹介でもしようと思います。それと最近気づいたのですが、アンケートで薫にコメントくださった方にこの場でお礼申し上げます。とても嬉しかったです。ありがとうございます!

<< じゅんあい天使君一旦撤去Topお詫び >>
この記事のトラックバックURL
トラックバック
JUGEMブログ